【中国の視点】新興国通貨:上昇トレント突入か、米利下げ観測で資金回流が鮮明

2019年6月25日 10:27

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:27JST 【中国の視点】新興国通貨:上昇トレント突入か、米利下げ観測で資金回流が鮮明
トルコ・リラやブラジル・レアル、ロシア・ルブルなど新興国通貨は直近一カ月そろって上昇。それに連動して新興国の株式市場も堅調な値動きを示している。ロシアのMOEX指数やブラジルのボベスパ指数、インドのSENSEX指数などはそろって史上再高値を更新している。

これとは対照的に、4-5月の新興国市場では資金の流出が相次いでおり、一部では暴落も経験した。6月の新興国市場の株式や通貨の上昇について、さえない米経済指標に伴う米利下げの実施観測が主因だとみられている。

今後新興国の株式市場や通貨の動きについて、上昇トレンドに辿るとの楽観的な見方が出ている一方、ニュートラルな意見も出ている。

中国のエコノミストは、英国の保守党党首選挙(選挙結果は7月末に公表予定)が進行しているほか、英国の欧州連合(EU)離脱の不透明感、欧州中央銀行(ECB)の総裁交代など重要なイベントを控え、英ポンドやユーロの先行き不透明感が増していると指摘。これに伴い、米ドルが一段と下落する確率は低いとの見方を示した。

また、エコノミストは、新興国にも不安定な要素が多く残っており、長いスパンでの予測が困難だと指摘。ただ、新興国市場の資金流出圧力の緩和に伴う通貨の下落リスクの緩和を受け、新興国の金融政策の調整余地が拡大すると強調した。《AN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース