UCCミルクコーヒー、50周年記念で初代デザインなどを復刻 数量限定販売

2019年6月25日 07:12

小

中

大

印刷

左から初代、2代目、5代目、8代目デザイン。(画像:UCC上島珈琲発表資料より)

左から初代、2代目、5代目、8代目デザイン。(画像:UCC上島珈琲発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 世界初の缶コーヒーであり、そして今も販売が続けられているUCCミルクコーヒー。その発売50周年を記念して、歴代のパッケージを振り返る復刻デザイン缶が、7月1日から数量限定で発売される。

【こちらも】ローソン、「UCCミルクコーヒー」50周年記念商品を近畿限定で販売

 復刻されるのは初代(1969年)、2代目(1978年)、5代目(1993年)、8代目(2003年発売)の4種類。ちなみに最新のパッケージは2019年4月に登場した10代目である。なお、復刻されるのはパッケージであって、内容のコーヒーはいずれも現行のものと同じ。

 UCCミルクコーヒーは主原料の牛乳にコーヒーを加えた「ミルクコーヒー」であり、分類上は「乳飲料」になる。開発の当初から、ミルク感の強さにはこだわってきたという。

 UCCミルクコーヒーは誕生の翌年、大阪で開かれた日本万国博覧会、いわゆる大阪万博で大評判となり、これが当時ブームを呼んだ。そして2019年、認定期間50年、「缶コーヒーの最長寿ブランド」という項目で、ギネス世界記録への登録が認められている。

 この50年での累計販売本数は、約150億本。縦に積み重ねると、月までの距離の2往復と半分になるとのことである。

 またUCCミルクコーヒーの顔といえば、発売当初から維持されてきた「3色カラー」、トリコロールである。UCCミルクコーヒー自体が、通称「3色缶」ともいうくらいだ。これはいずれもコーヒーに関する色で、茶色が焙煎された豆、白はコーヒーの花(コーヒーには美しい白い花が咲くのである)、赤は熟したコーヒー豆を現している。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードコーヒーギネス世界記録

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース