Microsoft Edgeプレビュー版、Windows 7/8/8.1向けに提供開始

2019年6月23日 07:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftは19日、ChromiumベースのMicrosoft Edgeプレビュー版をWindows 7/8/8.1向けにCanary Channelで提供開始した(Microsoft Edge Blogの記事ダウンロードページ)。

Windows 8は既にサポートが終了しており、Windows 7は来年1月にサポート終了となるが、次のバージョンのMicrosoft EdgeをサポートされるすべてのバージョンのWindowsに提供することはMicrosoftの目標の一つだという。これにより、ユーザーに最新のブラウジングオプションを提供しつつ、開発者の苦労を低減できるとのこと。

Windows 10用のMicrosoft Edgeプレビュー版はWindows 7でもインストール・実行できていたが、提供が始まったWindows 7/8/8.1用のMicrosoft Edgeはインストーラー・実行ファイルともにWindows 10用と同じものだった。最初のCanaryビルドでは、ダークモード(edge://flags/#edge-follow-os-themeで設定できる)やAADサインインがサポートされないといった問題があるという。現在のダークモード設定はOSのダークテーマに連動するもので、ダークテーマの用意されていないWindows 7/8/8.1ではフラグを設定しても効果がないようだ。

なお、先日Edge開発チームが実施したReddit AMAではLinuxへの提供計画に関する質問に対し、Linux用バイナリを作るのに技術的な問題はないとしつつ、現在注力しているのはWindowsとmacOSだと回答している。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | インターネット | Windows | IT

 関連ストーリー:
ChromiumベースのMicrosoft Edge for macOS、プレビュービルドが提供開始 2019年05月24日
Google Docs、ChromiumベースのEdgeにサポートが終了したバージョンだと表示 2019年05月03日
Google、ビデオ会議サービス「Meet」でChromiumベースのMicrosoft Edgeをブロックか? 2019年04月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Windows 7Windows 8LinuxMicrosoft EdgeChromium

広告