飛行場の滑走路にスクリーン設置した野外映画イベント、北海道美唄市で開催

2019年6月21日 17:10

小

中

大

印刷

『AIRPORT CINEMA』。(画像:ラコル発表資料より)

『AIRPORT CINEMA』。(画像:ラコル発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 飛行場で開催するのは日本で初の試みであるという。7月6日、北海道美唄市の美唄市農道離着陸場「美唄スカイパーク」において、無料野外映画イベント『AIRPORT CINEMA』が開催される。

 飛行場で開催すると言っても、ドライブインシアター(車に乗ったまま、巨大スクリーンで映画を観る映画館。20世紀に流行した)のようなものではない。かといって座席が用意されているというわけでもない。キャンプチェアや敷物などを各自で持参し、滑走路上に置かれた巨大スクリーンで映画を鑑賞するという寸法である。

 主催はOUTDOOR THEATER JAPANというプロジェクトで、基本的に映画館の無い街に移動式のスクリーンを運び、星空の下で映画を観るイベントを開催している。2018年には徳之島(南西諸島・奄美群島に属する鹿児島県の島)でイベントを実施、1,000人以上の客を集めたという。

 今回イベントが開催される美唄市は、北海道の中央部やや西、空知地方の中心エリアに属する。東部には夕張山地まで続く山岳地帯があり、かつては道内で有数の石炭産出地として栄え、最盛期の人口は約9万1,400人を数えた(1954年)。しかしそれも昔のことで、炭鉱はほとんど閉山し、現在の人口は2万3,000人程度となっている。

 北海道全体をみた場合、2018年の映画館の数は22。2009年から比べて10減っており、また映画館のシネコン化の流れもあって、映画館の大都市への一極集中が進んでいる。

 上映される映画は2018年アメリカのミュージカル映画『徳之島マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』。明るい娯楽映画である。

 開場は2019年7月6日15:00、上映開始は19:00の予定。雨天中止(開催可否は、公式ウェブサイトとインスタグラムで発表される)。映画の料金は無料だが、駐車場は1台につき1,000円、その他飲食・雑貨の販売もある。駐車場はさほどキャパシティが無いため、なるべく乗り合わせの上でお集まりいただきたい、とのことだ。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード北海道

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース