メルセデス・ベンツ、新型「GLE」発売 3列シート7人乗りに

2019年6月20日 09:27

小

中

大

印刷

GLE 450 4MATIC スポーツ(ISG搭載モデル)。(画像:メルセデス・ベンツ日本発表資料より)

GLE 450 4MATIC スポーツ(ISG搭載モデル)。(画像:メルセデス・ベンツ日本発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「GLE 300 d 4MATIC」
  • 「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」

 メルセデス・ベンツ日本は、SUVの中核モデルである「GLE」をフルモデルチェンジし、6月19日に発売した。納車時期はグレードにより異なる。

【こちらも】電気でも走れるPHEVメルセデス・ベンツS560e EV航続距離は40.1km(JC08モード)

 GLEはMクラスの流れを汲むベンツのSUVである。Mクラスというのは1998年に登場したもので、「プレミアムSUV」カテゴリのパイオニアとして2015年までに3代のモデルを数え、その後GLEと名称を改めた。

 日本市場では、2015年10月のマイナーチェンジによってMクラスはGLEに改称されている。GLEという名称になったのは、Eクラスファミリーの一員としてのSUVという位置付けを強化するためであったという。

 2代目GLE(Mクラスの最初から数えれば4代目)は、内外装デザインを一新、最新技術・装備を搭載したモデルとなる。室内スペースは大幅に広くなり、シートは3列で乗車定員が7名に。またAクラスの新型に導入された、インフォテインメントシステム「MBUX」と、最新安全支援システムを備えている。

 ラインナップは、GLEでは初となる4気筒クリーンディーゼルエンジンのモデル「GLE 300 d 4MATIC」(消費税率10%計算で940万円、2019年11月以降納車予定のため)、直列6気筒クリーンディーゼルエンジンの「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」(消費税8%込1,089万円)、直列6気筒ガソリンエンジンの「GLE 450 4MATIC スポーツ」(消費税8%込1,132万円)、以上3グレードとなっている。

 納車時期は、「GLE 450 4MATIC スポーツ」が6月19日から、「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」が8月以降、「GLE 300 d 4MATIC」は11月以降と予定されている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードSUVメルセデス・ベンツ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース