マイケル・コース コレクション、19年フォールコレクション発表

2019年6月19日 22:37

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 マイケル・コース コレクション(Michael Kors Collection)は、2019年フォールコレクションを発表した。

■1970年代後半~80年代の自由なムード

 ニューヨークのチプリアーニ・ウォール・ストリートを会場に発表された、2019年フォールコレクションのシーズンテーマは“ドリーミング(Dreaming)”。1970年代後半から1980年代にかけての華やかなムードに着想を得た今季のコレクションでは、クリエイティビティに満ちた、自由なファッション、スタイルを表現。デザイナーのマイケル・コースが当時実際に目の当たりにした、自由でエッジの効いたファッション、シアター、音楽、アートにあふれたニューヨークのムードを、ピースに落とし込んだ。

■ゴージャスなファー使い

 輝かしいゴージャスな気分を端的に表しているのは、ファーを使ったウェアだ。エレガントなボタニカルモチーフのコートの襟や袖口には、ボリュームのあるボルドーのファーをあしらい、シャープなエレガントスタイルに大胆な魅力をプラス。また、センシュアルなフリンジのミニドレスにはファーコートを組み合わせることで、より一層ファビュラスな雰囲気を演出している。

■NYのナイトクラブ「スタジオ 54」とコラボ

 象徴的なのは、ニューヨークの伝説的なナイトクラブ「スタジオ 54」とタッグを組んだウェアやアクセサリー。きらびやかなゴールドとシルバーで表された“54”のロゴが、ミニドレスやカットソー、シャツ、バッグにあしらわれている。身頃を覆うようにスパンコールを配したミニ丈のドレスは、袖のダイナミックなファー使いでアイキャッチに仕上げた1着。バッグ、シューズもシルバーに統一し、夜に映えるナイトクラブの華やかさを表現している。

■ダンサーのスタイルから着想

 ミニマルなベージュニットのウェアをレイヤードしたスタイルは、ダンサーからインスパイアされている。華奢なキャミソールドレスに、アシンメトリーにセーターを着こなし、アームウォーマーやレッグウォーマーを組み合わせたスタイリングは、シンプルかつ、ヘルシーなフェミニンさを感じさせる。

■多様な表現のアウター

 注目したいのは、多様な表現のアウター。マルチカラーのレザーパッチワークジャケットは、落ち着いた色味ながらも、華麗な存在感を放っている。また、目の大きいヘリンボーンのロングコートや、フリルを配し、アシンメトリーなシルエットに仕上げたニットガウン、金ボタンや袖口の装飾といった、ナポレオンジャケットのようなディテールを取り入れたカーキのコートなど、様々な表現をフレキシブルにデザインに投影した。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーション

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース