米FOMCで米中通商協議の進展について議論されるか

2019年6月18日 15:12

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:12JST 米FOMCで米中通商協議の進展について議論されるか
 17日発表の6月NY連銀製造業景気指数は予想外の-8.6に低下した。市場予想は11.0程度、5月実績は17.8だった。同指数がマイナスになるのは2016年10月(-9.2)以来となる。メキシコ関税への懸念が一段と高まった時期と統計調査が重なったことが影響したとみられているが、市場関係者の間では、「中国製品に対する輸入関税も製造業を圧迫している」との見方が多い。

 NY連銀製造業景気指数の項目では新規受注と受注残の指数が悪化している。6月については雇用指数も悪化していることから、ほぼ全ての中国製品に対して輸入関税を賦課した場合、雇用情勢は悪化する可能性が高いとみられている。18−19日に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で貿易・通商分野における米中協議の進展について議論されることは間違いないとみられており、政策金利の調整についてFOMCではさまざまな要因を考慮し、慎重に検討されることが予想される。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース