ギフト 2Qは売上高43.33億円、積極的出店戦略で店舗数が増加

2019年6月17日 13:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:21JST ギフト---2Qは売上高43.33億円、積極的出店戦略で店舗数が増加
ギフト<9279>は14日、2019年10月期第2四半期(18年11月-19年4月)連結決算を発表した。売上高が43.33億円、営業利益が5.49億円、経常利益が5.55億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が3.54億円となった。なお、前年同期は四半期連結財務諸表を作成していないため、増減率については記載していない。

直営店事業部門の売上高は32.36億円となった。商品開発拠点を設立して商品開発力の底上げを行った。また、同業他社からの製麺工場事業を譲受する等、正麺生産キャパシティーの拡大に取り組んだ。なお、積極的な出店戦略により、店舗数は直営店72店舗(国内70店舗、海外2店舗)、業務委託店5店舗の合計77店舗となった。

プロデュース事業部門の売上高は10.97億円となった。既存出店地域では直営店との調整を図りながら営業活動を推進、未出店地域では直営店の出店予定のない地域で新規オーナーの開拓を精力的に行った。その結果、当第2四半期連結会計期間末の同社グループがプロデュースする店舗数は国内352店舗、海外6店舗となった。

2019年10月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比23.8%増の86.30億円、営業利益が同11.5%増の8.65億円、経常利益が同11.8%増の8.70億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同9.7%増の5.00億円とする期初計画を据え置いている。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース