ファーウェイ、米ベライゾンに1080億円超の特許ライセンス料を要求

2019年6月15日 13:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国・華為技術(Huawei)が米Verizon Communicationsに対し、10億ドル以上の特許ライセンス料支払いを求めているとの報道が出ている(ロイター日経新聞ウォール・ストリート・ジャーナル)。

 問題の特許はネットワーク技術やIoT技術などに関するものとのこと。また、Verizon以外にもこの特許の影響を受ける企業はあるようで、今後他社も同様のライセンス料支払いを求められる可能性がある。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | ビジネス | パテント

 関連ストーリー:
IEEE、米商務省の判断を受けてHuawei関係者による査読禁止を解除 2019年06月03日
中国のソフトウェア開発者、米中貿易戦争の影響でGitHubが利用できなくなる可能性を懸念 2019年05月30日
Huaweiの次に米国に狙い撃ちされるのは大手ドローンメーカーDJIか 2019年05月24日
英ArmがHuaweiとの取引を停止するとの報道 2019年05月23日
米政府、HUAWEIを輸出規制リストに追加。米製部品の調達が不可能に 2019年05月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国IoT(Internet of Things)ファーウェイ(Huawei)特許

広告

財経アクセスランキング