著名なロボット・AI研究者らがロボット向けの新OS開発する企業設立

2019年6月13日 22:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Robust.aiというスタートアップ企業がロボット向けの新たなOSを開発するという(MIT Technology Reviewロボスタ)。

 同社にはロボット掃除機「ルンバ」で知られるiRobotの共同創業者であるMITのロドニー・ブルックス教授がCTOを務めるほか、著名なロボット研究者や人工知能研究者が参加しており、工場や倉庫で稼働する業務用ロボットから家庭用ロボットまで、あらゆる種類のロボットに対応できるプラットフォームの開発を目指すそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ソフトウェア | ロボット

 関連ストーリー:
AI搭載の「ラブドール」がハッキングされ人間を襲う危険性が指摘される 2017年09月29日
ソフトバンク、ロボット用制御ソフト「V-Sido OS」発表 2014年06月13日
ロボットのための LAMP スタックを作ろう!とベンチャー企業のエライ人語る 2012年04月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボットスタートアップ人工知能(AI)ルンバiRobot

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース