ゲーム関連リーク連発の匿名Twitterユーザー、任天堂の弁護士から電話で警告

2019年6月13日 22:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ゲームの未発表情報を次々とリークしていたTwitterユーザーに対し、任天堂の弁護士からリークをやめるよう連絡が来たそうだ。このユーザーは素性を明かしておらず、さらに自分の国籍とは異なる国、登録していない住所にいたにも関わらず、任天堂の弁護士から電話で連絡が来たという。

これを受けてこのユーザーは任天堂関連のリークは止めるとしたものの、任天堂以外のリークについては今後も行っていくと述べている模様。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 任天堂 | ゲーム | 情報漏洩

 関連ストーリー:
マリカー訴訟、知財高裁でも任天堂勝訴 2019年05月31日
任天堂のWii、特許侵害で訴えられる? 2007年06月19日
ソニー・ピクチャーズ、メディア各社に流出データの破棄および報道抑制を要請 2014年12月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitter任天堂弁護士