神戸物産 小幅反発、上半期上振れ決算だが出尽くし感も強まる

2019年6月13日 14:24

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:24JST 神戸物産---小幅反発、上半期上振れ決算だが出尽くし感も強まる
神戸物産<3038>は小幅反発。前日に上半期の決算を発表、営業利益は93.2億円で前年同期比21.1%増益、従来予想の83億円を大幅に上回る着地となった。ただ、月次動向の推移から業績上振れは想定線とも捉えられ、通期予想を据え置いたこともあって、出尽くし感も強まる場面があった。一方、今後の上方修正確度は高いとみられることもあり、25日移動平均線水準では押し目買いも強まる形となっている。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース