高速充電中のテスラ車発火、今度はベルギーで

2019年6月13日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米Teslaの電気自動車のバッテリーが発火・爆発する事故が連続して起きたことが問題視されているが(過去記事)、今度はベルギーでもTesla車の発火事故が発生したそうだ。

  BGRによると、高速充電ステーション(supercharger)で充電中だったTesla Model Sが発火したという。この事故による死傷者などは出ていないが、車体と充電ステーションは使い物にならなくなってしまったようだ。

 なお、この火災では消火後の再発火を防ぐため、消防は発火した車体をまるごと水タンクに突っ込んで沈めるという対策を行ったという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
テスラ株価、一時200ドル割れ。オートパイロット事故やバッテリー火災で将来性への疑問が出る 2019年05月24日
Tesla車の自動運転機能での運転中に撮影されたポルノ動画が登場、ポルノ動画サイトで注目を集める 2019年05月13日
Tesla、上海の地下駐車場で駐車中のModel Sが爆発した事故を調査 2019年04月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車テスラモーターズベルギー

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース