GTなのか? スポーツカーなのか? 議論無用の俊足BMW・M8(下)【625馬力・4WD・4WS】

2019年6月13日 11:50

小

中

大

印刷

新型「M8 Competition Coupe」と新型「BMW M8 Convertible」(画像: BMWの発表資料より)

新型「M8 Competition Coupe」と新型「BMW M8 Convertible」(画像: BMWの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

■GTなのか?スポーツカーなのか?

 近年の情勢としては、「GTなのか?スポーツカーなのか?」の議論は無用になってきたのかもしれない。なぜなら車重2トンを超える重量級のGTが、1トン程度の「ライトウエイトスポーツ」と同等のパフォーマンスを発揮できているからだ。

【こちらも】GTなのか? スポーツカーなのか? 議論無用の俊足BMW・M8(上) 【初代V12の失敗】

 今回、発表された新型BMW・M8は、最高級「コンペティション」仕様では、直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンで、最大出力625hp/6000rpm。最大トルクは76.5kgm/1800~5800rpmと、M8標準車より200rpmほど高い回転数まで最高トルクを発揮できるようになっている。

 現代のエンジンは高回転型ではない。「スポーツカー」でなく「GT」に向いた特性にセットされている。これで0~100km/h加速は3.2秒(カブリオレは3.3秒)となり、モーターアシストの必要がない性能を発揮している。これにマイルドハイブリッド装置による低回転でモーターのサポートを受け、回生ブレーキ装備とするのが、現代流GTであろう。しかし残念ながら、新型M8には装備されていない。

 最高速は250km/hでリミッター作動するようで、「Mドライバーズパッケージ」オプションではリミッター解除され、最高速は305km/hまで可能となる。これにすべてのスキッドコントロールがされた4WD装置が付き、限界特性はこの制御の仕方で決まる。素人でもかなりの領域まで安全を保てるようだ。

 さらに4WS装置により、高速域からワインディングまで、まるで「ライトウエイトスポーツ」のように鋭いハンドリングが実現できているようだ。また可変トルクバーが逆位相まで制御しており、ロールやピッチングを抑えてスポーツカーの軽快感を出すことに成功している。

 初代BMW・850の話で恐縮だが、重いV12気筒エンジンをフロントに積んで、いかにもフロントヘビーな特性を示すハンドリングが不評であった反省が、新型BMW・M8にはあるのだろう。当時、BMW・325と日常的に乗り比べていたら、自然と325に乗ることが増えていってしまった。850に325の軽快感があるとすれば、もう「GTなのか?スポーツカーなのか?」の議論はいらない。

 600馬力を超えるGTで長距離を旅するのがクルマ好きの夢だが、その途中、その気になればスポーツ走行も楽しめる最高の車が新型BMW・M8「コンペティション」である。荷物も意外に積めるわけだし、小型SUVより使い勝手が良いかもしれない。お試しあれ。(記事:kenzoogata・記事一覧を見る

関連キーワードBMW

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース