カー用品株が急伸しJASDAQ銘柄の値上がり率上位1~3位を独占

2019年6月12日 13:02

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■高齢者の運転に関する新制度などに期待強まる

 6月12日後場寄り後の東京株式市場では、カー用品のバッファロー<3352>(東1)が2日連続ストップ高(300円高の1400円、27%高)で買い気配となっているほか、JASDAQ銘柄の値上がり率1位はオートウェーブ<2666>(JQS)の28%高、2位はホットマン<3190>(JQS)の17%高、3位はカーメイト<7297>(JQS)の16%高と、カー用品関連株が上位を独占する場面をみせて各銘柄とも活況高となっている。

 引き続き、「政府が高齢者向けの新しい運転免許の導入を検討している」(6月11日付の日本経済新聞朝刊)との報道が材料視されているようで、新制度では、カー用品店でもブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐ「足枠」や自動ブレーキシステムなどの販売や取り付けが可能になるといった予想が出ている。自動車補修部品などのムラキ<7477>(JQS)も15%高と急伸している。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース