欧州為替:ドル・円は108円52銭から108円72銭で推移

2019年6月10日 21:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*21:00JST 欧州為替:ドル・円は108円52銭から108円72銭で推移
 10日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円52銭から108円72銭で推移した。米トランプ政権の対メキシコ関税上乗せ見送り決定を好感したドル買い、円売りが先行後、ポンド・円の売りに押されたとみられる。


 ユーロ・ドルは1.1292ドルから1.1311ドルまで上昇。対ポンドでユーロ買いが波及したもよう。ユーロ・円は122円65銭から122円87銭まで上昇した。


 ポンド・ドルは1.2725ドルから1.2654ドルまで下落。英国の4月鉱工業生産や製造業生産が予想以上に落ち込んだことで、ポンド売りが強まった。ドル・スイスフランは0.9900フランから0.9915フランで推移した。《KK》

広告

財経アクセスランキング