待ってろデイズ!ついに姿を現した新型ホンダN-WGN!

2019年6月7日 16:33

小

中

大

印刷

新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)

新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 新型「N-WGN カスタム」(画像: 本田技研工業の発表資料より)

 ホンダは7日、7月にフルモデルチェンジして発売する予定の、新型軽乗用車「N-WGN(エヌ-ワゴン)」と「N-WGN Custom(カスタム)」の情報をホームページで先行公開した。

【こちらも】ホンダ、5ナンバー・ステーションワゴン「SHUTTLE」マイナーチェンジ

 今回の新型「N-WGN」は、2017年にフルモデルチェンジされた「N-BOX」、2018年に登場した商用車の「N-VAN」に続く、新型Nシリーズの第3弾となる。「N-BOX」がスライドドアを備えた背の高いハイトールワゴンであるのに対して、同じトールワゴンであってもスライドドアでなく通常のヒンジドアを採用する、少し低めのクラスになる。

 スズキの「ワゴンR」 、ダイハツの「ムーヴ」、そして先ごろモデルチェンジして発売された日産の「デイズ」が同クラスライバルとなる激戦区の車種である。

■背の低い「N-BOX」

 今回のフルモデルチェンジでは、安全性能や使い勝手を向上させ、親しみやすさのあるデザインを採用している。

 公表された画像を見る限りでは「N-BOX」に準じた角ばった箱型デザインとなっており、フロントマスクのみ公開されサイドの画像はないものの、「N-BOX」を低くしたデザインと見て間違いなさそうだ。「N-WGNカスタム」では従来通り、標準車より力強さや上質感を全面に出しているが、円形状のヘッドライトによって親しみやすさは保っている。このスタイリングがどう受け入れられるかが勝負の分かれ目になりそうだ。

■ホンダの軽自動車初採用の装備がある

 装備面では先進の安全運転支援システムであるお馴染みの「ホンダセンシング」を標準装備。これにはホンダの軽自動車で初めてとなる渋滞追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロールも含まれており、パーキングセンサーシステムをホンダの軽自動車で初めて標準装備するなど「N-BOX」を凌ぐ機能を採用している。

 また、運転席のテレスコピック&チルトステアリング機構を標準装備しており、これもホンダの軽自動車で初めてとなる装備だ。これにより最適な運転姿勢を確保できるようになった。さらに荷室がこれまでより低床化され、重い荷物や高さのある荷物が積載しやすくなり、備え付けのボードを使うことによって上下二段の積み分けが可能になる工夫がされている。

■まとめ

 「N-BOX」が直近の月度の販売統計でも2万台以上を売り上げ、全乗用車のトップに君臨している中、「N-WGN」はモデル末期ということもあり、10分の1の約2千台と低迷している。新登場の日産デイズが1万台以上で急上昇している中、果たして「N-WGN」が「N-BOX」並みのヒット車種となれるのか注目される。
 (記事:田中秀雄・記事一覧を見る

関連キーワード本田技研工業N-BOX軽自動車N-WGNN-VANデイズ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • エコニコール製クッションが採用されたRobocar Walk(三井化学発表資料より)
  • 7月24日に発売されるKindle Oasisの新モデル。(画像: アマゾンジャパンの発表資料より)
  • トヨタ フォーチュナー  (画像:TOYOTA Motor Philippinesの発表資料より)
  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース