コメダ珈琲、青森1号店を出店 ついに全都道府県制覇を達成

2019年6月7日 12:45

小

中

大

印刷

コメダ珈琲青森イトーヨーカドー店。(画像:コメダ発表資料より)

コメダ珈琲青森イトーヨーカドー店。(画像:コメダ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 コメダ珈琲は7日、青森1号店となる「青森イトーヨーカドー店」をオープンした。2018年8月6日の沖縄1号店(沖縄糸満店)のオープンによって、残る未出店都道府県は青森県のみとなっていたため、これで国内全都道府県の制覇を達成したという形だ。

【こちらも】コンビニコーヒーの購入者が増加 コンビニ利用者の6割超に マイボイスコム調査

 コメダ珈琲店は、1968年に名古屋で創業した。1970年からフランチャイズ展開を開始し、中京圏を中心に店舗を拡大。その後1993年、株式会社コメダを設立するとともにフランチャイズ展開を本格化。2011年には国内400店舗を数えるまでに至った。2016年には上海に初の海外店舗もオープン、そして2019年2月末現在、コメダ珈琲店の店舗数は835店を数えるに至っている。

 そもそもコメダ珈琲の青森県への出店は、2016年に発表されていた。当時まだ店舗がなかった東北の青森・岩手・秋田3県に、2、3年内を目途に出店するとしていたのだ。その時点では沖縄への出店はまだ発表されていなかったが、その後前述のように沖縄店が青森に先だってオープンする形となり、結果青森が最後のフロンティアとなっていたのである。

 コメダ珈琲青森イトーヨーカドー店は、国道103号線沿い、青森市における商業施設の密集エリアに出店。正確な所在地は青森県青森市浜田1-14-1、イトーヨーカドー青森店1階。キャパシティは席数が93席、駐車場は施設共有で1,529台収容となっている。

 また青森初出店を記念して、こちらは全国のコメダ珈琲店にて、青森産ふじりんごを使用した期間限定販売のシロノワール「アップルカスタード」が、開店と同日の6月7日から登場する。こちらは価格が税込750円、ミニサイズは550円となっている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード青森県コメダ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース