政府、2030年度までに自動車の燃費3割改善を義務付ける方針

2019年6月6日 22:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 あるAnonymous Coward 曰く、

 政府が2030年度までに、新型車の燃費について2016年度実績非で32.4%改善することを義務付けるという(時事通信日経新聞SankeiBiz)。

 軽自動車の排気量を1000cc級まで上げて、(他の自動車と比べて相対的に)税金を下げれば良いのに。あと二輪車も優遇すべし。

 この規制強化は電気自動車やハイブリッド車の普及を促すのが目的だそうだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
世界各都市で広まる公共交通機関EV化 2018年12月19日
独フォルクスワーゲン、最後の燃焼エンジン車を2026年に開発すると発表 2018年12月10日
自動車の騒音規制強化によりエンジンだけで走る車は発売できなくなる? 2018年11月01日
国際海事機関、2050年までに海運船舶のCO2排出量を半減することで合意 2018年04月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車燃費軽自動車

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース