北海道電力とINDETAIL、EVスタンドのプラットフォーム構築に向けて共同研究実施へ【フィスコ・ビットコインニュース】

2019年6月6日 15:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:25JST 北海道電力とINDETAIL、EVスタンドのプラットフォーム構築に向けて共同研究実施へ【フィスコ・ビットコインニュース】
北海道を地盤とする電力会社の北海道電力<9509>と、先進技術を駆使した新規事業の創出を手がけるINDETAILは6日、ブロックチェーン技術を活用したEVスタンドのプラットフォーム構築に関する共同研究を実施すると発表した。

両社は、今後の電気自動車(EV)などの普及拡大に伴い、EV等の充電設備が重要なインフラになることが想定されるとして、今回の共同研究に至ったとしている。

同研究では、IoT(モノのインターネット化)技術とブロックチェーン技術の活用により、各地に点在する様々な仕様のEVスタンドをインターネットでつなぎ、EVスタンドのオーナーやユーザーの利便性向上を図るプラットフォームの構築を目指しているという。

同プラットフォームにより、EVスタンドのオーナーはインターネット上で自動決済処理やEVスタンドの稼働状況の確認、料金設定などが行えるほか、ユーザーはスマートフォンなどからEVスタンドの設置場所や空き状況の確認、予約等が可能になるとしている。また、将来的には、ユーザー自らが自宅の充電用コンセントをEVスタンドとして提供することも可能になると想定しているという。

北海道電力は、北海道内におけるEVスタンドの現状分析、プラットフォームの実現に向けた課題確認や要件整理を行い、INDETAILは、ブロックチェーン技術によるプラットフォームのシステム設計、評価環境のシステム構築、非中央集権ネットワーク実現のためのコンサルティングを行うとみられている。

2019年度は、プラットフォームのシステム設計、オンライン上での仮想シミュレーション等を行い、2020年度以降に実証実験への展開を予定しているようだ。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
  • 双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台
  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース