中国・貴州省の巨大電波望遠鏡、周辺での電子機器利用を禁止へ

2019年6月3日 23:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2016年、中国・貴州省に直径500mの巨大電波望遠鏡が完成した(過去記事)。この電波望遠鏡の周辺では、電波望遠鏡での観測の障害になるような電波の発生を防ぐため、電子機器の利用が法律で禁止されているという(WIRED)。

 地元政府はこの電波望遠鏡を観光資源として利用することをもくろみ、周辺に観光施設を作り宣伝を行った結果観光客が周辺を訪れるようになったのだが、今度はこれら観光客が使用する電子機器が発する電波によって観測が妨げられることが危惧されるようになったという。そのため、2018年4月に法令で周辺での電子機器利用が制限されることになったようだ。電波望遠鏡の周辺5km圏内での電子機器の使用は完全に禁止され、違反者には最大3万元(約48万円)の罰金が科せられるという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 中国

 関連ストーリー:
欧州の電波望遠鏡ネットワーク「LOFAR」、全天の2%の観測で新たに数十万個の銀河を発見 2019年02月25日
球外生命からのメッセージ説もある反復する高速電波バースト 2019年01月18日
ロシアの電波望遠鏡が「強い信号」を検出 2016年08月31日
直径500メートル、世界最大の電波望遠鏡が中国・貴州省に完成 2016年07月08日
電波望遠鏡が検知した謎の信号、正体は電子レンジからの電波だった 2015年04月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国電波望遠鏡

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース