フェイスブック、独自仮想通貨の発行で米CFTCと対話【フィスコ・ビットコインニュース】

2019年6月3日 19:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:17JST フェイスブック、独自仮想通貨の発行で米CFTCと対話【フィスコ・ビットコインニュース】
世界最大のSNS企業フェイスブック社は独自の仮想通貨「グローバルコイン」の発行のため、米CFTC(商品先物取引委員会)との話し合いを行なっている。英有力経済紙Financial Times(FT)が最新の報道で明らかにした。

今回の対話は初期段階のものとされており、フェイスブック社の独自通貨がどのようにCFTCの管轄下に置かれるかをめぐる内容だったという。なお、フェイスブック社は米国以外の規制当局や複数の国の中央銀行とも対話を進めていると報じられている。

先日報じられた英BBCの報道で、フェイスブック社は2020年に独自の決済型仮想通貨「グローバルコイン」を発行する予定が判明した。ローンチ時期は2020年のQ1(1〜3月)で、「今後12ヶ国以上で、GlobalCoinの決済システムを展開予定」としており、年内にトライアルを行う予定だとしている。

この仮想通貨決済サービスはフェイスブック社が10億人ほどのユーザーを擁するメッセンジャーアプリ「WhatsApp」で利用する可能性が高いとされており、サービスローンチと共に実利用の導入事例に結びつく予定である。

フェイスブック社は「グローバルコイン」を保管・取引ができるように、米仮想通貨取引所GeminiとCoinbase両社と提携する事業を進めている。かつてはフェイスブックのCEOザッカーバーグ氏とウィンクルボス兄弟はライバルだったが、仮にフェイスブックとGeminiが協業すれば、仮想通貨業界だけでなく世間を驚かすほどの展開になるだろう。

発行から取引までのステップを踏まえようとするフェイスブックは、マーケットメーカーと市場流動性について、JumpとDRWという2つのシカゴ本拠地のアルゴトレード企業とも事業商談を行なっているという。

すでに様々な企業との提携を講じているフェイスブックがCFTCと話し合っていることは、今後他の大手企業が同じような事業を進めるための先例にもなるだろう。ましてや現在米国における仮想通貨の規制が統一でないため、フェイスブックも規制面においては手探りしていると考えられる。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。《SI》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース