レッドロブスター、春漁解禁を記念して「ロブスターフェスタ2019」開催

2019年6月1日 18:09

小

中

大

印刷

「ロブスターフェスタ2019」。(画像:レッドロブスタージャパン発表資料より)

「ロブスターフェスタ2019」。(画像:レッドロブスタージャパン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ロブスター チリソース。(画像:レッドロブスタージャパン発表資料より)
  • ロブスター 黄金焼き。(画像:レッドロブスタージャパン発表資料より)
  • ロブスター グラタン風。(画像:レッドロブスタージャパン発表資料より)
  • ロブスター ケイジャンバターグリル。(画像:レッドロブスタージャパン発表資料より)
  • ロブスター ガーリックグリル。(画像:レッドロブスタージャパン発表資料より)

 カナダで、今年も春のロブスター漁が解禁された。シーフードレストラン・レッドロブスターは、それを記念して「ロブスターフェスタ2019」を6月1日から開催する。

【こちらも】クリスピー・クリーム、フルーツなどのドーナツ3種を期間限定で発売

 レッドロブスターで取り扱っているのは、カナダ産の冷たく澄んだ海で獲れたロブスターである。カナダの名産地ハリファクスのロブスター漁は、専門の厳格なライセンスを持った漁師たちによって、定めれた漁期(春漁と秋漁)にのみ行われる。

 レッドロブスターで提供されるライブロブスターは、世界的にも評価の高いこのカナダ産ロブスターを生きたまま空輸したもので、調理は注文を受けてから行われる。高タンパク低カロリーで栄養面も優秀、そして他のシーフードとは一線を画するおいしさだ。

 今回のフェスタでは、ハーフサイズのロブスターが、5種類の味付けで提供される。フェスタの開催は6月30日までの予定であるが、数量限定販売であるので前倒し終了となる可能性もあるためご注意を。

■ロブスター チリソース

 特製のチリソースを使った、エビチリならぬ「ロブチリ」である。お酒にもご飯にも相性は抜群だ。価格は税抜(以下同)で2,680円。

■ロブスター 黄金焼き

 長年に渡り愛され続けている、レッドロブスターの定番人気メニュー。秘伝のマヨネーズソースを使ってロブスターを焼き上げる。価格は2,680円。

■ロブスター ガーリックグリル

 ロブスターの本来の味わいを引き立てるシンプルな味付け、ガーリックの風味が利いたグリル。価格は2,680円

■ロブスター グラタン風

 ほうれん草入りのホワイトソースで焼き上げた、優しい味わいのメニュー。価格は2,680円。

■ロブスター ケイジャンバターグリル

 アメリカ南部ルイジアナの郷土料理、ケイジャン風のロブスター。スパイスとバターの組み合わせに、辛さが程よいアクセントを効かせる。価格は2,680円。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードカナダ

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース