ニュージーランド航空、ボーイング787-10型8機を購入

2019年5月27日 19:01

小

中

大

印刷

ボーイング787-10型ドリームライナー。(画像:サンシャインシティ発表資料より)

ボーイング787-10型ドリームライナー。(画像:サンシャインシティ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ニュージーランド航空は27日、ボーイング社のボーイング787-10型ドリームライナー8機を、数十億ドル規模の投資により購入すると発表した。エンジンはGE・アビエーション社製GEnx-1Bエンジンを搭載する。

【こちらも】ANA、新シート導入「B787-10」東南アジア路線に投入 26日から就航

 定価で購入した場合の契約総額は27億ドルであるが、ニュージーランド航空は「大幅な割引」を交渉した。両者の合意により、具体的な取引価格は非公開となっている。初号機の納入は2022年を予定する。

 ニュージーランド航空は1940年設立の国際航空会社であり、ニュージーランド国内20の都市と首都オークランド間を結ぶほか、アジア太平洋地域を含む18カ国、50以上の都市への直行便を運航している(日本からニュージーランドへの直行便も世界で唯一運行している)。

 ボーイング787ドリームライナーは、ボーイング社の次世代中型ジェット旅客機である。767、777の後継に位置付けられ、787-8、787-9、787-10の3つの派生形があり(787-3というのも開発されたのだが、現在発注する航空会社がなく製造中止となっている)、今回発注された787-10型は、座席数290、787-8と787-9の胴体延長型に位置付けられるモデルである。

 2013年に正式ローンチが発表され、最初にシンガポール航空が初号機を受領(2018年3月)しているほか、全日本空輸も2015年に3機を発注している。

 今回発注される8機は、ニュージーランド航空における位置付けとしては、2025年までに順次退役を予定している、ボーイング777-20型8機の後継機である。新しいエンジンの導入により、旧型機よりも25%の燃費向上が見込まれ、二酸化炭素排出量にして年間計19万トンの削減が見込めるという。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードボーイング

広告

広告

写真で見るニュース

  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース