メルセデス、CクラスSUV「GLC 220 d 4MATIC Laureus Edition」限定発売

2019年5月25日 16:44

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

CクラスのSUV特別仕様車「GLC 220 d 4MATIC Laureus Edition」、出力170ps、トルク400Nmを発揮するクリーンディーゼルエンジン搭載、9速オートマティックトランスミッションを組み合わせる

CクラスのSUV特別仕様車「GLC 220 d 4MATIC Laureus Edition」、出力170ps、トルク400Nmを発揮するクリーンディーゼルエンジン搭載、9速オートマティックトランスミッションを組み合わせる[写真拡大]

写真の拡大

 メルセデス・ベンツ日本が、「GLC」の特別仕様車「GLC 220 d 4MATIC Laureus Edition」を発表、全国のメルセデス・ベンツ・ネットワークを通じ全国限定360台発売する。

 「GLC」は、メルセデス・ベンツのベストセラーモデル「Cクラス」と同等の安全・快適装備を備え、SUVらしい高いアイポイントを獲得しながら低重心による乗用車のような乗り心地を合わせ持つミドルサイズSUVだ。

 今回の特別仕様車は、GLC 220 d 4MATICスポーツをベースに、ブラックのアクセントをフロントグリルやフロントスポイラー、リアバンパー、そしてルーフレールなど随所に取り入れた。専用ハイグロスブラックペイントの19インチAMG 5ツインスポークアルミホイールを装着、スポーティな印象を与えたモデルとなった。

 また、ブラックアッシュウッドトリムと専用プレート、開放的な室内空間を演出するパノラミックスライディングルーフ、ハイパフォーマンススピーカーと9チャンネルのアンプなどによって、極めて高音質なナチュラルサウンドが楽しめる「Burmesterサラウンド・サウンドシステム」を採用している。

 同時に、8ウェイパワーシートや「Mercedes me Connect」(メルセデス ミー コネクト)も装備。通常設定している8色の外装色に加え「モハーベシルバー」と「セレナイトグレーマグノ」も用意した。

 Mercedes me Connectは、自動車が通信することでユーザーの利便性を向上する先進的なテレマティクスサービス。「24時間緊急通報サービス」などを最長10年間無償で提供する「安心安全サービス」、「リモート車両操作」などを3年間無償で提供する「快適サービス」の2つのサービスカテゴリーで構成されている。

 搭載するパワーユニットは、最高出力170ps(125kW)、最大トルク400Nmを発揮する2.2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジン。これに9速オートマティックトランスミッション「9Gナインジー・トロニック」を組み合わせたGLCのクリーンディーゼルモデル。また、排出ガスに尿素水溶液「「アドブルー」を噴射することにより化学反応(還元作用)を発生させ、有害な窒素酸化物(NOx)を大幅に削減する尿素SCR(Selective Catalytic Reduction:選択型触媒還元)ディーゼル排出ガス処理システム「BlueTEC」を採用した。これにより世界で最も厳しいとされる日本のディーゼル排出ガス規制に適合する優れた環境性能を実現している。

 特別仕様車「GLC 220 d 4MATIC Laureus Edition」は冒頭で記したように国内360台限定発売、価格は717.0万円。

 特別仕様車の売上の一部は、「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」に寄付される。ローレウス(Laureus)とは、2000年にリシュモン社とダイムラー社が共同で設立した財団で、「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」「ローレウス・ワールド・スポーツ・アカデミー」「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード」の3つから構成されている。スポーツの力を通して社会貢献し、世界中の子供たちに希望を与える活動を続ける。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
At The NYIAS 2019/メルセデス、「NY自動車ショー」で最上級新型SUV公開
メルセデス、内外装をブラックで統一した「AMG G 63 Edition Matt Black」発表
国内自動車市場の特異性がますます鮮明に、2018年度新車販売ベスト5を独占した軽自動車

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード特別仕様車SUVメルセデス・ベンツ

広告