SI単位の改訂定義、施行

2019年5月22日 22:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Liberdade曰く、 昨年11月に開催された第26回国際度量衡総会において採択された、SI基本単位の定義の改訂が、World metrology dayの2019年5月20日に施行された(プレスリリース)。

 今回の施行において定義の変更が行われた単位は、キログラム/アンペア/ケルビン/モルの4つとなるが、最大の変更点は、昨年の採択時にも報じられたとおり(「キログラムの定義、130年ぶりに改訂へ」)、キログラムの定義がキログラム原器によるものから物理定数による定義に変更されたことである。

 改訂された定義については、昨年の採択時に産総研が出したプレスリリースにまとまっている。

 また、産総研は改訂の施行にあわせ、特設サイトを開設している。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
キログラムの定義、130年ぶりに改訂へ 2018年11月20日
自然界の4基本定数が更新される 2017年10月27日
Kilobyte VS Kibibyte 2001年11月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース