スズキタカユキ、2019年秋冬コレクション発表

2019年5月21日 20:16

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 スズキタカユキ(suzuki takayuki) 2019年秋冬コレクションが発表された。

■シーズンテーマは“sand land”

 今シーズン、デザイナーのスズキタカユキが思い描いたのは、乾いた砂の大地。“sand land”と題した今季のコレクションには、そんな自然の風景を連想させるダークブラウンやベージュをキーカラーにした、秋冬らしい温もり溢れるワードローブを揃える。

■肌にふれてわかるもの

 “”レイヤードを楽しめる季節だからこそ、1つ1つの着心地にもこだわりたい。”

洋服を手に取って感じるのは、そんなデザイナーの想いが伝わってくるかのような素材の良さ。100%オーガニックコットンのシャツや、絹を織り交ぜたブラウス、ウールとミックスした綿のシャツドレスなどは、いずれも肌を包み込むような心地の良い肌触り。また素材の組み合わせによって絶妙に風合いを変えるそれらのワードローブは、時間と共に変化する大地の情景を表しているかのようだ。

■着心地にこだわったニットも

 秋冬の定番となるニットも然り。高級品質のウールを使用したカーディガンやタートルネックは、“チクチク”とした感触が気にならないソフトな仕上がりが特徴。オーバーサイズのプルオーバーは、女性の体躯をすっぽりと包み込むようなサイズで、ゆったりと過ごす休日にも最適なエフォートレスなスタイルとなっている。

■“ゆったりスタイル”をスタイリッシュに着こなして

 スタイリングは、同系色で纏めたルックが目立つ。スウェットパンツに、コットンスカートを合わせたラフなムードのルックは、アイボリー系でスタイリッシュにまとめたことで、野暮ったさは感じられない。ワンピース、コート、シューズをオールブラックで纏めたルックも登場した。

■ジャケット×ベストで作るメンズスタイル

 ウィメンズ同様、素材にこだわったメンズコレクションは、ジャケット×ベストの着こなしが今季の主流に。固くなりすぎてしまいがちなスタイルには、ロングシャツの裾をあえてベストの下から出すアレンジで、親しみやすいカジュアルなムードに仕上げている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスズキタカユキ(suzuki takayuki)2019年秋冬コレクション

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース