ローブス&コンフェクションズ オム、2019-20年秋冬コレクション発表

2019年5月21日 20:16

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ローブス&コンフェクションズ オム(robes&confections HOMME)は、2019-20年秋冬コレクションを発表した。

■“スポーツ”の要素を追加、リアルな現代服へ

 クラシカルな仕立てに重きを置き、そのテーラリングを現代服へと昇華させるローブス&コンフェクションズ オムの今季は、クリーンな品性はそのままに、躍動感のある軽やかなコレクションを揃える。これまで積極的に接点を持たなかった「スポーツ」の要素を少しずつ取り入れていくことで、よりリアルなデイリーウェアを追求した。

 機能性による着やすさと、ローブス&コンフェクションズ オムの持ち味である端正な仕立て、上質な素材を組み合わせることで作られる、発展形のクリエーションを展開する。

■軽やかな着用感のアランニットやアンクル丈のワイドパンツ

 立体的な編み目のアランニットは、ポリエステルの糸を使用することで、見た目のボリュームよりも軽やかな着心地に仕上げている。ブラックの編地に、袖口のみホワイトのラインを施すことでアクティブなアクセントを効かせる。組み合わせた緩やかなワイドパンツも、身体と程良いバランスを保ったパターンメイキング。足首の見えるアンクル丈に設定することで、活動的な印象に見せている。

■上品さとアクティブなムードを同時に

 大きめの襟にドロップショルダー、大ぶりなボタンが特徴的なブラックのトレンチコートには、ジョガーパンツをコーディネート。シルエットにメリハリをつけることで、オールブラックでも重さがなく、身軽な着こなしに。また、カジュアルなシープパイルのコートに組み合わせたサイドラインのジャージパンツは、礼装の軍服を彷彿させる太めのラインや、素材の落ち着いた光沢感によって上品さを演出する。

■70'sグラムロックの華やかな空気感

 コレクションを作るにあたり、デザイナー・土屋郷の意識にあったのは70年代のカルチャーやファッション。ダブルのジャケットにストライプシャツ、ワイドパンツを組み合わせたスーツスタイルや、ブラックのステンカラーコートに合わせたゴブラン織りのレオパード柄ワイドパンツなど、華やかなグラムロックを彷彿させるルックが登場している。

 レオパード柄ワイドパンツは、触れるとさらりとした質感。着た時にレオパード独特の刺々しさを感じさせない、フレキシブルな雰囲気を備えているのが印象的だ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース