NY原油:反発で61.78ドル、米中貿易摩擦への懸念後退

2019年5月15日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST NY原油:反発で61.78ドル、米中貿易摩擦への懸念後退
NY原油先物6月限は反発(NYMEX原油6月限終値:61.78 ↑0.74)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比+0.74ドルの61.78ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは60.69ドル−62.11ドル。6月下旬に開催予定の主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、米中首脳会談が行なわれるとの見方が広がったことや、トランプ米大統領が米中協議の合意に自信を示したことから、原油需要減少に対する警戒感は低下した。米国株式が反発したことも材料視されたようだ。《CS》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース