ロッテリア、「夏バーガートリオ」3商品を期間限定で発売へ

2019年5月15日 13:10

小

中

大

印刷

ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)

ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 炭焼きタンドリーチキンナンサンド。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • アボカドエビバーガー。(画像:ロッテリア発表資料より)

 ロッテリアは、6月6日から「夏バーガートリオ」を販売する。既に発売されている「アボカドエビバーガー」に加えて「ロッテリア クラシック スパイシー」「炭焼きタンドリーチキンナンサンド」という3商品の構成で、それぞれ期間限定での販売。東京・大阪・名古屋の15の店舗では、「ロッテリア クラシック スパイシー」と「炭焼きタンドリーチキンナンサンド」を5月30日から先行販売する。

【こちらも】ロッテリア、モーニングメニューをリニューアル

■ロッテリア クラシック スパイシー

 つなぎを使用しないオーストラリア産ビーフ100%のクォーターパウンド(約113g)パティに、ハニーマスタードソースとダイスカットのアボカド、ハラペーニョスライスとサルサソースを合わせたハンバーガー。バンズの直径も約11cmサイズと、一回り大きいオリジナルサイズになっている。

 単品価格780円(消費税込、以下同)、ふるポテセットは通常1,170円、キャンペーン価格が980円。7月下旬までの販売を予定している。


■炭焼きタンドリーチキンナンサンド

 12種類の香辛料とヨーグルトに漬け込んだ鶏もも肉を、炭火で焼き上げたタンドリーチキンをメインにしたサンド。一枚一枚丁寧に伸ばし、高温・短時間で焼き上げたナンでレタスとタンドリーチキンを挟んでいる。

 単品価格390円、ふるポテセットは通常780円。7月下旬までの販売を予定している。

■アボカドエビバーガー

 5月1日から販売されているメニュー。バナメイ種のエビを使用、荒めのパン粉で仕上げたパティにハニーマスタードソースとダイスカットのアボカド、特製タルタルソースをトッピングして、バンズで挟んである。

 単品価格430円、ふるポテセット820円。8月下旬までの販売を予定している。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードハンバーガーロッテリア

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース