BSA、MSおよびAdobeのソフト不正コピー情報は報奨金支払い対象外に

2019年5月10日 21:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 違法コピーの通報に対し報奨金を支払っていたBSA(Business Software Alliance)だが、同サイトの報奨金プログラムの適用条件に「2019年1月1日以降の報告から、マイクロソフト社およびアドビシステムズ社の製品については報奨金支払いの対象となりません」との一文が追加されている。

 BSAは2013年に違法コピー解決につながる有力情報に対し報奨金を支払うプログラムを開始し、これによって実際に通報が増えたと言われている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 海賊行為

 関連ストーリー:
BSA、組織内違法コピーの通報で300万円がもらえるキャンペーンを開始 2015年02月20日
報奨金プログラムの開始後、違法コピーの通報数が大幅に増加 2013年06月14日
BSA、違法コピー解決につながる有力情報に最大100万円の報奨金 2013年06月04日
世界における海賊版ソフトウェア使用状況、悪化 2012年05月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAdobe