アディダス×アンディフィーテッド、ミリタリーテイストを反映したTシャツやスニーカー

2019年5月10日 20:57

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アディダス(adidas)とアンディフィーテッド(UNDEFEATED)の2019年春夏コラボレーションコレクションが登場。2019年5月11日(土)より、アンディフィーテッド各店にて発売される。

 今回のコラボレーションでは、アディダスが誇る高機能アイテムにアンディフィーテッドの武骨なミリタリーテイストを反映。ブラック、アーミーグリーン、オレンジをキーカラーにしたTシャツ、ショーツ、スニーカーなどをラインナップする。

 鮮やかなオレンジ色が目を惹くジャケットは、便利なパッカブル仕様で登場。ボディと同系色で配置されたアディダスとアンディフィーテッドのロゴがエクスクルーシブな雰囲気を感じさせる。

 ベースレイヤーTシャツは、本格的なスポーツウェアにグレーとオレンジのカラーリングでアンディフィーテッドのエッセンスをプラスした1着。高い機能性で、アクティブなシーンで活躍してくれる。

 ミッドカットシルエットが特徴的なアディダスのシューズ「GSG9」は、近未来的なルックスがポイント。相性が良いオレンジとアーミーグリーンのカラーコンビネーションにも注目したい。

【詳細】
アディダス バイ アンディフィーテッド 2019年春夏コレクション
発売日:2019年5月11日(土)
販売店舗:アンディフィーテッド各店舗
アイテム価格例:パックジャケット 19,000円+税、テックTシャツ 7,690円+税、GSG9 UNDFTD 20,000円+税

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションアディダス(adidas)スニーカー2019年春夏コレクション

広告

写真で見るニュース

  • TORANOTECによる発表の様子。(TORANOTECの発表資料より)
  • マツダ100th Anniv.カフェタンブラー(画像: MZRacingの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「マグネター」のイメージ。(c) CSIRO
  • (c) 123rf
  • (c) 123rf
  • 室内で新型コロナウイルスを含んだ飛沫核が移動する様子(上)と換気によって飛沫核の拡散が防げる様子(下)(画像:クイーンズランド工科大学の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース