【話題株】ミサワホーム中国が一時27%高、トヨタとパナソニックの住宅事業統合で思惑買い

2019年5月10日 11:23

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ミサワホーム中国が一時27%高、トヨタとパナソニックの住宅事業統合で思惑買い

■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる

 ミサワホーム中国<1728>(JQS)は5月10日も大幅高となり、一時27%高の348円(73円高)まで上げて昨年来の高値に顔合わせとなった。7日に発表した2019年3月期の連結決算が営業利益2.1倍となるなど大幅に回復した上、9日、トヨタ自動車<7203>(東1)とパナソニック<6752>(東1)がトヨタホーム、パナソニックホームズ、およびトヨタホームが筆頭株主のミサワホーム<1722>(東1)の住宅事業の統合を発表したため思惑買いが流入したとの見方が出ている。

 トヨタ自動車とパナソニックは5月9日の11時30分、「街づくり事業に関する合弁会社の設立に向けた合意」を発表し、2020年1月7日(予定)に新合弁会社「プライム ライフ テクノロジーズ」株式会社(Prime Life Technologies Corporation)を設立するとした。ミサワホームの住宅事業、トヨタホーム、パナソニックホームズは、株式交換や共同株式移転、三角株式交換の方法により、それぞれの株式を新合弁会社に移管する予定。この統合により、新会社は、戸建住宅では供給戸数が約1万7千戸に達し、国内住宅業界でトップクラスの企業になる見込みとした。市場関係者の間では、ミサワホーム中国も合流するものとの見方が急増しているという。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース