【小倉正男の経済コラム】シャトレーゼ:たった4坪の焼き菓子店「甘太郎」が原点

2019年5月8日 13:55

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■日本全国に520店、海外9カ国に60店展開

 シャトレーゼ(古屋勇治社長)は、美味しくて廉価、すなわちお値打ちのシュークリーム、ショートケーキ、プリンなどスイーツの製造販売でお客に圧倒的な支持を受けている。和菓子、アイスクリーム、チョコレート、ピザ、パンなどにも展開している。

 特にシュークリームでは「価格破壊」を実践したことで知られる。美味しいのに加えてリーズナブルな価格を実現した。このインパクトは大きかった。

 シャトレーゼは、日本全国に520店舗、海外9カ国に60店舗を展開している。街の普通の洋菓子店、和菓子店としてみればスイーツというカテゴリーではシャトレーゼにほとんど対抗できない。そのぐらいの実力を持った企業である。

 戦後の1954年(昭和29年)、山梨県・甲府市に焼き菓子店「甘太郎」が開店創業された。その「甘太郎」がシャトレーゼの前身である。  「甘太郎」は、たった4坪の小さいお店だったが、二重三重に行列ができて、今川焼き風のお菓子が1日1万個売れる繁盛店だったといわれる。

 いまやシャトレーゼは、“スイーツのグロ-バル企業”と謳われるようになっている。だが、やはり誕生した時からキラリと光るものがあったというべきである。

■「糖質カット」シリーズは7倍に成長

 そのシャトレーゼが「糖質カット」シリーズの製造販売に注力している。「糖質カット」シリーズは、ピザ、テーブルパン、シュークリーム、プリン、ショートケーキ、どら焼き、生チョコ、アイスなどに広がりをみせている。

 今回リニューアルで発売されたのが、糖質85%カットピザの「5種のチーズ」、糖質83%カットピザの「マルゲリータ」である。ピザ生地の小麦粉を植物繊維にできる限り代替させて、糖質をカットしている。

 「食べたくても食べられないお客さまに安心して食べていただけるようにした。普通のピザと比較して、美味しさも価格を変わらない」(中島史郎販売戦略部長)。糖尿病などへの懸念で糖分を控えているお客を強く意識して開発された商品ということである。

 「糖質カットの商品シリーズは、2010年~2018年の9年間で売り上げが7倍に成長している」(中島史郎販売戦略部長)。「糖質カット」というニーズは、潜在的にかなり強いというべきである。

■4坪の焼き菓子店「甘太郎」創業が原点

 シャトレーゼは、株式の公開、つまり上場については「まったく考えていない」ということだ。シャトレーゼは、「経営を外部株主や投資家に支配されたくないという企業哲学から株式を上場することはない」(中島史郎販売戦略部長)と説明している。

 「糖質カット」シリーズのような細分化されたニーズに応えられるのも株式を公開していないことが大きいとしている。ただ、それでもニーズとしては「糖質カット」のトレンドは間違いないだろうから、「糖質カット」の商品ジャンルはどんどん拡大していくに違いない。

 たった4坪の焼き菓子店「甘太郎」から始まって65年、いまや押しも押されもしないスイーツ企業である。  日本だけでも520店の店舗展開というのだから、町にとってシャトレーゼ店舗の存在感は小さくない。シャトレーゼは、それぞれの町の風景の一部になっているわけである。

 シャトレーゼに行くとダブルシュークリーム、ショートケーキなどのスイーツについ目がいってしまうが、これからは「糖質カット」シリーズの商品にも目を配りたい。

 そうした懸念はいままったくない模様だが、シャトレーゼは創業の「甘太郎」の原点を決して忘れずに、と思うのみである。

(小倉正男=「M&A資本主義」「トヨタとイトーヨーカ堂」(東洋経済新報社刊)、「日本の時短革命」「倒れない経営~クライシスマネジメントとは何か」(PHP研究所刊)など著書多数。東洋経済新報社で企業情報部長、金融証券部長、名古屋支社長などを経て現職。2012年から当「経済コラム」を担当)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース