スバル、「レヴォーグ」を改良 特別仕様車2種を追加

2019年5月8日 09:26

小

中

大

印刷

2.0 STI Sport Black Selection(画像:SUBARU発表資料より)

2.0 STI Sport Black Selection(画像:SUBARU発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 2.0 STI Sport Black Selectionのインテリア
  • 1.6GT-S EyeSight Advantage Line
  • 1.6GT-S EyeSight Advantage Lineのインテリア

 SUBARUは7日、スポーツツアラー「レヴォーグ」を改良すると発表、6月27日に発売する。これに伴って「1.6/2.0 STI Sport Black Selection」・「1.6GT-S EyeSight Advantage Line」という2モデルの特別仕様車が追加される。

【こちらも】いつの間にかSUVに分類されているスバル・アウトバック モデルチェンジ

 レヴォーグは2014年4月に登場したスポーツワゴン(SUBARUではスポーツツアラーと呼称)である。アイサイトをはじめとする安全性能と、SUBARUのツーリング性能を高い次元で両立したスポーツワゴンとして人気が高い。

 今回の改良では、ハイビームアシストが作動する車速が40km/hから30km/hに変更され、カラーリングでは新色となるマグネタイトグレー・メタリックが追加される。価格は消費税込(以下同)で、286万2,000円~405万円。

■1.6/2.0 STI Sport Black Selection

 1.6/2.0 STI Sportをベースとしたモデル。エクステリアに225/45R18 タイヤ&18 インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)を採用、インテリアにはレヴォーグ初となるRECAROフロントシートが採用されている。価格は1.6STIが356万4,000円、2.0STIが405万円。

■1.6GT-S EyeSight Advantage Line

 1.6GT-S EyeSightをベースとしたモデル。大人のためのスポーティさを感じさせる専用モデルがセレクトされている。精悍さを印象づけるドアミラーカバーとドアハンドルに、ボディカラーには専用色のグレーカーキがある。価格は334万8,000円。なお、こちらは8月29日発売。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード特別仕様車スバルレヴォーグアイサイト(EyeSight)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース