東京為替:ドル・円は111円49銭まで下落、米インフレ指標鈍化・中国PMI低下に反応

2019年4月30日 14:04

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:04JST 東京為替:ドル・円は111円49銭まで下落、米インフレ指標鈍化・中国PMI低下に反応
 30日午後のアジア市場でドル・円は111円49銭まで下落。東京市場が5月6日まで休場になり、参加者、フローが限られるなか、前日発表の米国の3月コアPCE価格指数の伸び鈍化、本日発表の中国の官民PMIの低下を受けて、ドル売り、円買いが優勢気味になっている。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円49銭から111円69銭。ユーロ・円は124円79銭から125円00銭、ユーロ・ドルは1.1179ドルから1.1193ドルで推移。《KK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース