東京為替:ドル・円は111円49銭まで下落、米インフレ指標鈍化・中国PMI低下に反応

2019年4月30日 14:04

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:04JST 東京為替:ドル・円は111円49銭まで下落、米インフレ指標鈍化・中国PMI低下に反応
 30日午後のアジア市場でドル・円は111円49銭まで下落。東京市場が5月6日まで休場になり、参加者、フローが限られるなか、前日発表の米国の3月コアPCE価格指数の伸び鈍化、本日発表の中国の官民PMIの低下を受けて、ドル売り、円買いが優勢気味になっている。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円49銭から111円69銭。ユーロ・円は124円79銭から125円00銭、ユーロ・ドルは1.1179ドルから1.1193ドルで推移。《KK》

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース