日経平均テクニカル:4日ぶり反落、5日線下降で上昇一服示唆

2019年4月24日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:4日ぶり反落、5日線下降で上昇一服示唆
24日の日経平均は4営業日ぶりに反落した。17日ザラ場に付けた直近高値22345.19円を一時上回った後は下げに転じ、ローソク足は陰線を引いた。日足の一目均衡表では、株価は雲上で推移するとともに転換線の上向きと基準線の横ばいに変化はなく、大勢では買い手優位が継続している。しかし、遅行線は下向きとなり、株価との上方乖離幅を若干縮小させた。終値ベースでは、5日移動平均線上をキープしたものの、5日線は下降に転じ、短期上昇トレンドの一服を示唆した。ボリンジャーバンド(25日ベース)では、昨日に続いて+1σと+2σで形成するレンジの下半分で推移。一時+1σに接近してスピード調整の形状となった。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース