メディカル・データ・ビジョンは千葉大学医学部附属病院への「CADA-BOX」の導入が決定

2019年4月23日 13:48

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

メディカル・データ・ビジョン(MDV)<3902>(東1)は本日(23日)、千葉大学医学部附属病院への「CADA-BOX」導入が決定したと発表した。

 大学病院への導入は、今回の千葉大学医学付属病院が初となる。今回の提携では、千葉大学病院が推進するキャッシュレス、ペーパーレス化の取り組みに、「CADA-BOX」を活用していくという。

 同社は現在、電子カルテの集積を通じた医療データの利活用を目的として、病院向けのシステムである「CADA-BOX」の導入拡大を進めている。2018年12月末現在での「CADA-BOX」導入数は8病院。今回の導入で合計9病院の導入実績となる。

 今後、地域医療情報連携ネットワークをターゲットに、「CADA-BOX」の提案を開始する計画であり、千葉大学医学部附属病院への導入決定で、導入スピードに弾みがつく可能性もでてきた。CADA-BOXの今期における新規稼動(受注計上)は13病院を計画している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース