メディカル・データ・ビジョンは千葉大学医学部附属病院への「CADA-BOX」の導入が決定

2019年4月23日 13:48

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

メディカル・データ・ビジョン(MDV)<3902>(東1)は本日(23日)、千葉大学医学部附属病院への「CADA-BOX」導入が決定したと発表した。

 大学病院への導入は、今回の千葉大学医学付属病院が初となる。今回の提携では、千葉大学病院が推進するキャッシュレス、ペーパーレス化の取り組みに、「CADA-BOX」を活用していくという。

 同社は現在、電子カルテの集積を通じた医療データの利活用を目的として、病院向けのシステムである「CADA-BOX」の導入拡大を進めている。2018年12月末現在での「CADA-BOX」導入数は8病院。今回の導入で合計9病院の導入実績となる。

 今後、地域医療情報連携ネットワークをターゲットに、「CADA-BOX」の提案を開始する計画であり、千葉大学医学部附属病院への導入決定で、導入スピードに弾みがつく可能性もでてきた。CADA-BOXの今期における新規稼動(受注計上)は13病院を計画している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース