ローソン、「なつぞら」舞台・十勝の食材使用した商品発売 北海道限定で

2019年4月22日 21:51

小

中

大

印刷

「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)

「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「十勝産小豆の豆大福」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「十勝産小豆の草大福」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「チーズときのこシチューのトースト」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「ベイクドチーズケーキ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「帯広名物 豚丼」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「ロゴ・イラストのイメージ」(写真:ローソンの発表資料より)

■北海道・十勝産食材を使った商品など6品発売

 ローソンは30日より、NHKの連続テレビ小説「なつぞら」の舞台、北海道・十勝産の食材や、現地工場で造られた原料を使った商品など6品を、北海道内の店舗で発売する。パッケージには「なつぞら」のロゴやイラストを入れる。価格は、1個138円~590円(いずれも税込)。

【こちらも】ローソン、「UCCミルクコーヒー」50周年記念商品を近畿限定で販売

■商品ラインナップ

 ・「十勝産とうきびのスープ」:330円
 甘みのある北海道十勝産のとうきびを使った、濃くてクリーミーな味のコーンスープ。スープの上には、つぶつぶのコーンをのせている。

 ・「十勝産小豆の豆大福」:150円
 北海道産のもち米「はくちょうもち」のもち米粉を使った餅生地で、もちっとやわらかい食感の豆大福。中には北海道十勝産小豆の粒あんが詰まっている。

 ・「十勝産小豆の草大福」:150円
 豆大福と同じく、北海道産のもち米「はくちょうもち」のもち米粉と、北海道十勝産小豆の粒あんを使用し、もちっとした食感のヨモギの葉をつきこんだ草大福。

 ・「チーズときのこシチューのトースト」:138円
 北海道十勝にある明治の製造工場で造られた原料を使った「明治 北海道十勝モッツァレラチーズ」と、きのこシチューを食パンの上にのせて、焼き上げたトースト。濃厚なチーズの味ときのこを使ったシチューの旨味がよく合う。

 ・「ベイクドチーズケーキ」:248円
 北海道十勝にある明治の製造工場で造られた原料を使った「明治 北海道十勝カマンベールチーズ」を使った、濃厚なチーズの味が絶秒なベイクドチーズケーキ。

 ・「帯広名物 豚丼」:590円
 帯広のご当地の“豚丼”を再現。バラとロース2種類の豚肉を、北海道の老舗調味料メーカーのタレにしっかりと漬け込み焼き上げた。枝豆を豚肉にのせ、彩り鮮やかに演出している。

■NHK連続テレビ小説「なつぞら」とは

 NHKの連続テレビ小説としては100作目となる「なつぞら」は、2019年4月1日から放送中。戦争で両親を失った戦災孤児の少女・奥原なつが、大自然のあふれる北海道・十勝で、優しい大人たちに囲まれたくましく成長する姿を描いている。主人公には、広瀬すずが起用され、松島奈々子や草刈正雄などが出演している。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワード北海道ローソンNHK

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース