三洋化成工業、リチウムイオン電池「全樹脂電池」を量産へ

2019年4月22日 20:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 三洋化成工業が、電極を含めたほぼすべての構成要素を樹脂で形成する「全樹脂電池」を量産化するという。設備投資を抑えることができ、さらに容量密度が従来の2倍以上になる一方で材料コストは半減できるという(日経新聞の記事前編記事後編日刊工業新聞)。

 量産化の話は昨年にも報じられているが(京都新聞日経xTECH)、研究開発を行なっている慶應義塾大学・堀江英明特任教授が設立したベンチャー企業APBを三洋化成工業が今年2月に子会社化し、本格的に量産を目指すことになったようだ。

 活物質の粉末を電解液に混ぜ込たペーストを樹脂フィルム上に塗り、それを電池構成部材のセパレーターとともに重ねたシンプルな構造になっており、端子やセル間の隙間が不要、一部が短絡しても発熱しない、重ねるだけで並列接続でいるといった特徴があるという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | 電力

 関連ストーリー:
日清紡のカーボンアロイ触媒、燃料電池触媒として採用される 2017年09月20日
トヨタが2022年に全固体電池を採用した電気自動車を発売するとの報道 2017年07月27日
「画期的な全固体電池」は永久機関のような非現実なものだった? 2017年03月23日
リチウムイオン電池の共同開発者らが新たな固体二次電池を開発 2017年03月09日
全固体電池への応用が期待される高イオン伝導性固体物質が開発される 2009年05月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード慶應義塾大学リチウムイオン電池三洋化成工業

広告

財経アクセスランキング