ふくおかフィナンシャルG、ブロックチェーン基盤活用の地域ポイントサービスを本格稼動【フィスコ・ビットコインニュース】

2019年4月22日 16:52

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:52JST ふくおかフィナンシャルG、ブロックチェーン基盤活用の地域ポイントサービスを本格稼動【フィスコ・ビットコインニュース】
福岡銀行、熊本銀行、親和銀行などを傘下に収めるふくおかフィナンシャルグループ<8354>は22日、傘下のiBankマーケティング社が、FFGのグループ銀行が運営するマイレージサービス「mybank+(マイバンクプラス)」向けに、ブロックチェーン技術を活用したポイント管理サービスを提供し、地域ポイントプラットフォームとして本格稼動したと発表した。

同サービスでは、「マイバンクプラス」の会員(現在260万名)を対象に、グループ銀行における取引に応じて「myCoin(マイコイン)」を貯めることが可能となるほか、貯まった「マイコイン」を使って、地域特産品や主要な共通ポイントへ交換したり、iBank社が運営するスマホアプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」の貯蓄口座(目的預金)に預金としてキャッシュバックしたりすることができるという。

同グループは2018年6月、ブロックチェーン関連技術を活用した地域ポイントプラットフォーム構想を掲げ、その実現に向けたプロジェクトを開始すると発表。将来的にはポイント管理システムのオープン化により、様々な地域・事業会社との連携を通じた地域ポイントサービスの共通プラットフォームの提供を目指していくとしていた。

今回の発表に際し、同社は「今後は、ブロックチェーンの特性を活かして、金融系/非金融系を問わず、様々なポイントサービスとの連携による新たな価値の共創を目指していく」とコメントしている。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース