日経平均は小幅続伸、方向感乏しく売買代金は今年最低

2019年4月22日 15:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:44JST 日経平均は小幅続伸、方向感乏しく売買代金は今年最低
日経平均は小幅続伸。前週末19日の米国市場は聖金曜日(グッドフライデー)の祝日のため休場で、手掛かり材料に乏しいなかで週明けの日経平均は11円安と小安くスタートした。朝方は大型連休を前に買い戻しが入り、一時22280.19円(前週末比79.63円高)まで上昇。しかし前場中ごろには先物の売りとともに一転して22099.38円(同101.18円安)まで下落するなど方向感に乏しく、その後は前週末終値近辺でこう着感を強めた。海外投資家の取引参加は少なく、商い低調だった。

大引けの日経平均は前週末比17.34円高の22217.90円となった。東証1部の売買高は8億6950万株、売買代金は1兆6263億円と今年最低だった。業種別では、鉱業、海運業、建設業が上昇率上位だった。一方、その他金融業、空運業、その他製品が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の46%、対して値下がり銘柄は49%となった。

個別では、ユニファミマ<8028>が買い戻し優勢で5%超高となり、1銘柄で日経平均を約24円押し上げた。売買代金上位では前期業績修正を発表した大和ハウス<1925>が7%近く上昇し、武田薬<4502>も堅調。楽天<4755>、トヨタ自<7203>、資生堂<4911>などは小高い。自社株買い実施を発表したディップ<2379>は急伸。また、前期が一転増益での着地見込みとなったパスコ<9232>が東証1部上昇率トップとなった。一方、前週末急伸した任天堂<7974>は利益確定売り優勢。ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>、東エレク<8035>なども軟調で、ファーストリテ<9983>は小幅に下げた。かんぽ生命保険<7181>は4%近い下げで8日続落。業績下方修正のアコム<8572>や島精機<6222>は売りが先行した。また、KOA<6999>は今第1四半期の減益見通しが嫌気され、北の達人<2930>などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。《HK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース