東京為替:ドル・円は動意薄、今後の値動きに思惑交錯

2019年4月22日 14:43

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:43JST 東京為替:ドル・円は動意薄、今後の値動きに思惑交錯
 22日午後の東京市場でドル・円は111円90銭台と、動意の薄い値動きが続く。先週の高値112円17銭(年初来高値)と安値111円77銭のレンジ内でのもみ合い。ある短期筋は、明日以降に取引が本格化すれば、ドルが上昇と下落のどちらの方向に振れても「不自然ではない」との見方を示す。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円86銭から111円99銭。ユーロ・円は125円74銭から125円93銭、ユーロ・ドルは、1.1236ドルから1.1247ドルで推移。《KK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース