東京為替:ドル・円は動意薄、今後の値動きに思惑交錯

2019年4月22日 14:43

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:43JST 東京為替:ドル・円は動意薄、今後の値動きに思惑交錯
 22日午後の東京市場でドル・円は111円90銭台と、動意の薄い値動きが続く。先週の高値112円17銭(年初来高値)と安値111円77銭のレンジ内でのもみ合い。ある短期筋は、明日以降に取引が本格化すれば、ドルが上昇と下落のどちらの方向に振れても「不自然ではない」との見方を示す。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円86銭から111円99銭。ユーロ・円は125円74銭から125円93銭、ユーロ・ドルは、1.1236ドルから1.1247ドルで推移。《KK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース