アウディ、大都市のためのモビリティ「Audi AI:ME」発表 上海モーターショーで

2019年4月22日 09:29

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

アウディの電気自動車コンセプト「AI:ME 」、6角形のシングルフレームグリルを上下を反転させてフロントフェイスを構成、これがアウディ製EVの特徴だ

アウディの電気自動車コンセプト「AI:ME 」、6角形のシングルフレームグリルを上下を反転させてフロントフェイスを構成、これがアウディ製EVの特徴だ[写真拡大]

写真の拡大

 アウディは「上海モーターショー2019」で、未来の大都市のためのモビリティコンセプト「Audi AI:ME」を発表した。このショーモデルは、コンパクトなボディ、未来的で広いインテリア、レベル4に対応した自動運転機能が特徴だ。完全自動運転機能により、乗員は移動中に車内で好きなことをして過ごすことが可能で、コミュニケーションやエンターテイメント、広範囲なハイテク機能を満載している。

 ボディサイズは全長×全幅×全高4300×1900×1520mmとコンパクトだ。が、2770mmのホイールベース、電気駆動システムによる短いオーバーハング、センタートンネルのないことによる広々とした室内は、ひとクラス上のレベルを実現した。

 125kW(170hp)を発生する駆動ユニットは、リヤアクスルに搭載されている。そのため、エンジニアは比較的シンプルで軽量な基本構造となり、65kWhの容量を備えたバッテリーユニットで十分だという。制動エネルギー回生および比較的軽い車重のおかげで、Audi AI:MEは、市街地走行でも非常に高いエネルギー効率のモデルなのだ。

 アクスルおよびサスペンション、その他のコンポーネントは、アウディのコンパクトモデルから流用。優れた機能のアダプティブダンパーと軽いバネ下重量の組み合わせにより、街中における快適な乗り心地を実現している。ボディは、ハイテクスチール、アルミニウム、プラスチックコンポーネントによる、軽量な複合素材で構成されている。

 Audi AI:MEは、2人乗りを基本として、プラスαのスペースを活用できるように設計された。普段の走行時には、セパレートタイプのフロントシートのみを使用するが、必要に応じてリヤのベンチシートを利用することで最大4人まで乗車することができる。

 Audi AI:MEは、市街地走行用に設計されたレベル4の自動運転機能を備える。自動運転の国際規格において2番目に高いレベルだ。レベル4のシステムでは、ドライバーによる運転の補助は必要ない。が、その機能は高速道路や都市部の特別な設備が設けられた地域など、特定のエリアに限定される。

 Audi AI:MEのインテリアは、単なる移動のためだけの空間でなく、数多くのハイテク装備によって、豪華な雰囲気を味わうことができるラウンジとしても機能する。これらの機能は、乗員を周囲の交通環境から隔離するフィルターの役割を果たす。高品質なオーディオシステムは、アクティブノイズコントロール機能を使用して、車外のノイズを完全に抑制することのできるノイズ補正システムと組み合わせる。これにより、Audi AI:MEの乗員は、静かな室内でリラックスした時間を過ごしたり、コンサートホールにいるような臨場感で音楽を楽しんだりすることができる。

 インフラ整備された都市空間で実現するレベル4の自動運転が、また一歩近づいてきたと言えそうだ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、中国向けに初投入となるEV・2機種、上海モーターショーで発表
ホンダ、中国市場専用のEVコンセプトカー「X-NV CONCEPT」世界初公開
「NISSAN e-シェアモビ」順調に拡大し、サービス開始1年で500カ所のステーション

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAudi上海モーターショー

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース