ログリーは調整一巡、19年3月期大幅増収増益予想で20年3月期も収益拡大期待

2019年4月17日 07:11

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 ログリー<6579>(東マ)はアドテクノロジー事業を展開している。19年3月期大幅増収増益予想である。20年3月期も収益拡大を期待したい。株価は1月高値から反落して水準を切り下げたが、調整一巡して出直りを期待したい。

■アドテクノロジー事業を展開

 18年6月東証マザーズに新規上場した。アドテクノロジー事業を展開し、ネイティブ広告配信プラットフォーム「LOGLY lift」や、メディアサイトのユーザー定義と増加を支援する分析コンサルティングサービス「Loyalfarm」などを提供している。19年3月にはネイティブ動画広告「LOGLY lift Video」をサービス開始した。

■19年3月期大幅増収増益予想で20年3月期も収益拡大期待

 19年3月期の非連結業績予想は、売上高が18年3月期比26.2%増の20億26百万円、営業利益が43.5%増の1億80百万円、経常利益が31.4%増の1億62百万円、純利益が10.5%増の1億15百万円としている。

 第3四半期累計は売上高が前年同期比58.2%増の18億04百万円、営業利益が2.3倍の1億66百万円だった。ネイティブ広告配信技術向上によって広告収益が大幅伸長した。

 第3四半期累計の進捗率は売上高が89.0%、営業利益が92.2%と高水準である。通期予想は上振れの可能性が高いだろう。そして20年3月期も収益拡大を期待したい。

■株価は調整一巡

 株価は1月高値5550円からから反落して水準を切り下げたが、調整一巡して出直りを期待したい。4月16日の終値は3420円、前期推定PERは約53倍、時価総額は約64億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース