東京ベース 急伸、今期の大幅増益回復見通しを好感へ

2019年4月16日 14:26

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:26JST 東京ベース---急伸、今期の大幅増益回復見通しを好感へ
東京ベース<3415>は急伸。前日に前2月期の決算を発表、営業利益は14億円で前期比10.7%減益、従来予想の13.5億円をやや上回る着地となった。一方、今2月期は18.3億円で同30.0%と大幅増益の見通し。前下半期以降、効果が表面化している人材採用や組織体系の再構築、商戦の立て直しや在庫圧縮などの効果を引き続き想定しているほか、新規業態の新規出店効果なども期待しているもよう。《HH》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース