東京ベース 急伸、今期の大幅増益回復見通しを好感へ

2019年4月16日 14:26

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:26JST 東京ベース---急伸、今期の大幅増益回復見通しを好感へ
東京ベース<3415>は急伸。前日に前2月期の決算を発表、営業利益は14億円で前期比10.7%減益、従来予想の13.5億円をやや上回る着地となった。一方、今2月期は18.3億円で同30.0%と大幅増益の見通し。前下半期以降、効果が表面化している人材採用や組織体系の再構築、商戦の立て直しや在庫圧縮などの効果を引き続き想定しているほか、新規業態の新規出店効果なども期待しているもよう。《HH》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース