Uber運転手、空港に乗客を送り届けた後に乗客の家に戻り空き巣 米国で

2019年4月15日 22:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

nemui4曰く、 米カリフォルニア州で、配車サービスUberを利用する運転手が、乗客をその自宅から空港まで送り届けたあと、その乗客の自宅に戻って空き巣に入るという事件が起きたそうだ(GIGAZINEBusiness Insider)。

 この事件では設置されていた防犯カメラが犯人の姿を撮影しており、これによって容疑者が逮捕されたようだ。Uberはこの事件を受けて容疑者のUberアプリへのアクセス権を剥奪したうえで捜査に強力しているとのこと。また、設置されていた防犯カメラはAmazon.com傘下のRing製のもので、異変を察知して自動的に撮影した画像や映像をクラウド上にアップロードし通報を行う機能を備えているそうだ(過去記事)。

 なお、Uberでは配車サービスを利用する運転手が犯罪行為を起こす事件がたびたび発生している(New York TimesCNN)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | セキュリティ | IT

 関連ストーリー:
利用者の位置情報を無断で取得していたとしてジャパンタクシーに行政指導 2019年03月26日
中国の配車アプリ「順風車」で運転手による乗客殺人事件が再び発生 2018年08月31日
アマゾン傘下のスマートドアホン会社、不審人物を通報しやすくするアプリを公開 2018年05月11日
休暇を安全に楽しむための対策 2012年04月28日
安易な位置情報の公開に警鐘を鳴らす「Please Rob Me」(どうぞ空き巣に入って) 2010年02月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードUber

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
  • 超新星爆発のイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース