ファミマが「dポイント」「楽天ポイント」導入へ ファミペイとの連携も

2019年4月11日 13:40

小

中

大

印刷

 コンビニエンスストア大手のファミリーマート(東京都港区)は10日、新たなポイントサービスとして、11月から「dポイント」と「楽天スーパーポイント」を導入すると発表した。同社では、7月から独自のスマートフォン決済アプリ「ファミペイ」の提供を始める予定で、アプリとポイントサービスとの連携も図っていきたいとしている。

【こちらも】ファミマ、フィットネスやコインランドリー併設店の展開を加速へ

 現在、ファミリーマートではカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC・東京都渋谷区)が展開している「Tポイント」が利用できるが、11月からは全国約1万7000店舗で、3種類のポイントサービスから選んで利用できるようになる。

 dポイントはNTTドコモ(東京都千代田区)が展開しているポイントサービスで、ドコモ契約者以外でも利用が可能。ファミリーマートでは買い物200円につき1ポイントを付与し、貯まったポイントは1ポイント1円として支払いなどに使用できる。

 また、楽天スーパーポイントは楽天ペイメント(東京都世田谷区)が運営するサービス。加入店舗での支払いの際、ポイントカードかアプリを提示すると、200円につき1ポイント貯まり、1ポイント1円として利用できる。

 楽天スーパーポイントは、かつて2018年11月にファミリーマートと統合した「サークルK・サンクス」でも利用が可能だったが、統合によって利用できなくなっていた。このため楽天ペイメントでは、改めてファミリーマートで楽天スーパーポイントが利用できるようになることを記念したキャンペーンの実施を計画している。

 ファミリーマートが7月に導入を予定している「ファミペイ」は、同社独自の電子マネーを使うためのアプリ。スマートフォンに専用アプリをダウンロードして登録を済ませば、レジでバーコードを使ったキャシュレス決済ができるようになる。

 アプリにはキャッシュレス決済機能のほか、さまざまなポイントを貯めることのできるマルチポイント機能を搭載する予定で、Tポイントやdポイント、楽天スーパーポイントなどとも連携してサービスを充実させることにしている。

関連キーワードNTTドコモファミリーマート楽天カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)Tポイントキャッシュレス決済ファミペイ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース