レトロなテレビ型ワイヤレス充電器がクラウドファンディング中 4月19日まで

2019年4月8日 13:32

小

中

大

印刷

「Retroduck Q」の利用イメージ。(画像: Makuakeより)

「Retroduck Q」の利用イメージ。(画像: Makuakeより)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「Retroduck Q」の利用イメージ。(画像: Makuakeより)

 スマートフォンを充電しながら動画視聴ができるテレビ型Qi対応ワイヤレス充電スタンド「Retroduck Q」が、Makuakeでクラウドファンディング中だ。この製品は「昭和レトロ」がモチーフで、スマホを置けばまるでテレビを見ている感覚を味わえるおしゃれ充電器。iPhone、Androidのどちらも急速充電できる。

【こちらも】机の裏に設置可能 机の上をワイヤレス充電器に変える「deskHack」登場

 「Retroduck Q」は単に見た目がおしゃれなだけでなく、充電器の下についている脚の長さを変更して角度調節ができ、快適に動画を見られる工夫もほどこされている。充電器としてだけでなく、スマホスタンドとしても役立ちそうだ。カラーバリエーションはレッド・ディムグレー・モノホワイトの3色。付属されている2種類のアンテナを取り付ければさらにテレビの雰囲気を楽しめる。

 なお、この充電器は厚さ3mm以内のスマホケースであれば装着したまま充電可能だが、特殊な形だったり背面に金属製のリングがついていると充電できないことがある。またテレビがモチーフのため、縦置き充電には対応していない。

 「Retroduck Q」の一般販売予定価格は6,980円で、現在は15%オフの5,980円コースと、5個セットで35%オフの22,680円コースがある。プロジェクトはすでに800%超えで達成しており、4月19日まで引き続き支援可能だ。プロジェクト期間中でも製品がなくなり次第終了となるため注意が必要だ。ワイヤレス充電兼スマホスタンドが欲しい人や、ちょっと変わった充電器が欲しい人は早めに購入しておこう。(※価格はすべて税込みで記事掲載時のもの)

関連キーワードAndroidクラウドファンディングiPhone

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース