JFEシステムズは東京都「心のバリアフリー」サポート企業に登録される

2019年4月7日 08:54

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

JFEシステムズ<4832>(東2)は、2019年3月、東京都「心のバリアフリー」サポート企業に登録された。

JFEシステムズ<4832>(東2)は、2019年3月、東京都「心のバリアフリー」サポート企業に登録された。[写真拡大]

写真の拡大

■ダイバーシティ推進に向けた取り組みを継続してきたことが認められる

 JFEシステムズ<4832>(東2)は、2019年3月、東京都「心のバリアフリー」サポート企業に登録された。

 東京都は、全ての人が安全・安心・快適に暮らし、訪れることができる福祉のまちづくりを推進している。誰もが円滑に移動し、様々な活動を楽しむまちづくりを進めるには、施設整備だけでなく、全ての人に配慮できるよう、社会や環境のバリアを取り除くため積極的に行動する「心のバリアフリー」が重要として、「心のバリアフリー」に対する社会的気運の醸成を図るため、東京都は、意識啓発等に取り組む企業を「心のバリアフリー」サポート企業として登録している。

 同社は、障がいを抱える社員、外国籍社員、育児・介護と仕事を両立する社員など、多様な社員が働きやすい職場環境整備や制度見直しに加え、2016年度よりダイバーシティ推進専門組織を立ち上げ、ダイバーシティ推進に向けた取り組みを継続してきた。今回これらの取り組みが認められ、東京都による審査の結果、「心のバリアフリー」サポート企業として登録された。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース